株主還元

配当政策・配当金

配当政策

当社は、株主の長期的かつ継続的な利益の拡大を重要な経営課題と認識し、将来の事業展開と財務体質の強化等のために必要な内部留保の確保を考慮しながら、安定した配当を継続実施していくことを基本方針としております。
当社の剰余金の決定は、取締役会または株主総会の決議で行える旨を定款に定めておりますが、期末配当につきましては、定時株主総会の決議により決定することを原則としております。なお、当社は中間配当の基準日は毎年2月末日とし、ほかに基準日を定めて剰余金の配当をすることができる旨を定款に定めておりますが、現在のところ、当社の剰余金の配当は期末配当の年1回とすることとしております。
上記基本方針に基づき、当期の期末配当は1株当たり15円の配当を実施することを決定いたしました。この結果、当事業年度の連結配当性向は81.2%となりました。 当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

配当金

拡大して見る

2020/08 2021/08 2022/08 2023/08 2024/08
期末配当金(円) 15.0 22.0 15.0 15.0 15.0(予定)
配当性向(%) 26.0 30.5 25.9 81.2 74.8(予定)